50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

50代転職で給与交渉するなら

   

一次面接で交渉を始めよう

 50代のキャリアアップ転職と給与交渉は、切っても切れない関係にあります。もし、あなたが求人票以上の給与を望んでいる場合は、一次面接の際に交渉をスタートしておくことをおすすめします。これは、自分を採用するメリットをアピールすることと、給与アップの交渉が表裏一体だからです。

 自分のこれまでのキャリアとスキル、ノウハウ、人脈を駆使して、入社後にどんな貢献ができると考えているのかを伝え、それに見合う給与額として、どの程度を考えているのかを示唆します。内定に近づきつつ、希望の年収を手にできるよう、根拠の提示も含めて、きちんと準備を行っておきましょう。

給与交渉を行うときのポイントとは

 給与交渉を行う際には、現在の年収がベースになります。面接中に年収について質問されたら、ボーナスも含めた額面を伝えるようにしましょう。その際、残業代が含まれている場合は、基本給と残業代の内訳を伝える方が、企業側に喜ばれます。

 入社後の自分の仕事の見通しを予想し、自分の希望年収について、現在の年収のパーセンテージか、どれくらいアップしたいのかの額を伝えるようにしましょう。とはいえ、給与基準が決まっている企業の場合、特例を認めにくいこともあります。基本給と業績給の比率を変えたり、業績に対するインセンティブを与えてもらう交渉をするのも、一つの方法です。

 また、基本給や残業代は低くても、住宅手当や家賃補助、家族手当などが支給されることで、年収が事実上アップする企業もあります。そうした情報を収集したうえで、自分が折り合える年収を用意してくれるかどうかを、ジャッジしましょう。ただし、賞与は経営状況に左右されるので、考えない方が無難です。

【関連記事】
面接では自信を持って振舞おう!
50代の転職希望者に求められる面接対策とは?
やってしまいがちな面接の失敗例

 - 面接の前準備

  関連記事

50代の転職希望者に求められる面接対策とは?

聞かれること(よくある質問)に対してどう答える?!  面接でよく聞かれることとし …

やってしまいがちな面接の失敗例

逆質問をするとき  面接の最後に採用担当はたいてい「何か聞いておきたい点はありま …

面接では自信を持って振舞おう!

服装とヘアスタイルにはくれぐれも気を抜かない!  “人間にとって重要なのは中身で …