50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

50代の転職を有利に進めるための流れ

 見つけ、見直し、考え直す。50代の転職活動は、これを要所要所で行わなければなりません。言わば、慎重さが求められるのです。その要所がどこなのかを見ながら、さらに細かい部分にまで目を向けてみましょう。転職成功の重要な鍵は、ここに眠っているかもしれません。

転職準備

 50代で転職を決意するのはよほどのこと。そこにどんな動機があり、何を目指すのか。それを見直し、考え直してみてください。ほんの少しの障害で揺るがないほどのものになれば、良い転職準備ができたと言えるでしょう。もちろんキャリアの棚卸しや企業分析なども、加えて行っておきましょう。

【参考記事】
50代の転職希望者に必要な転職の計画
転職市場価値を知っておこう!
転職までに必要な期間

求人情報

 応募したいと思える求人、自分を雇用してくれるのではないかと思われる求人を見つけたら、やはりその内容を見つめ直し、本当に応募すべきかを考え直さなければなりません。求人情報の選択を誤ると全てが台無し。時間を有効に使うためにも、50代はここでリサーチと再考を繰り返しておきましょう。

【参考記事】
求人情報媒体について知る
ハローワークの利用法について
転職エージェントに登録をしよう
50代でブラック企業へ転職したら大変です

履歴書や職務経歴書

 自分の魅力、転職先企業で発揮できる能力を見出し、各書類に記載する。しかし、ここからが大事。見直して、考え直す作業はここでも意味を持ってきます。送った後に、「やっぱりあれも書いておけばよかった」と思っても、もう遅い。逆に書かなければよかった事柄も見つかるかもしれません。失敗が許されないだけに慎重に履歴書・職務経歴書を作成したいところです。

【参考記事】
履歴書の見られるポイントについて
職務経歴書はここがポイント!
応募書類でひっかかりがちな点とは?

面接

 面接において、見つける・見直す・考え直すのは、本番前の対策時となるでしょう。練習などもこうした意識で繰り返すことによって、徐々に面接に適した自分を作り上げていくことができます。50代に必要な要素をまとめておき、それを自分の中に吸収してから面接当日を迎えるようにしましょう。

【参考記事】
面接では自信を持って振舞おう!
50代の転職希望者に求められる面接対策とは?
やってしまいがちな面接の失敗例
50代転職で給与交渉するなら

退職・入社準備

 退職するタイミングによっては、退職自体を見つめ直し、考え直す必要も出てくるかもしれません。退職することが決定的ならば、やり残したことはないかを改めて考え、退職時点での全てを出し尽くしてお世話になった会社を去りましょう。

【参考記事】
円満退職の秘訣とは?
必要な退社の手続き
入社する時に必要な手続きとは?
退職する前に有給をまとめて消化できますか?
会社から引き止めにあった時の対処法とは?

公開日:
最終更新日:2016/01/22