50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

50代でブラック企業へ転職したら大変です

   

面接が非常に短い&形式的

 50代で転職するのに、ブラック企業へ入ってしまったら後悔してもしきれないでしょう。無駄な時間を過ごさないためにも、事前にブラック企業の見分け方を勉強し、少しでもおかしな企業へは絶対に入社しないようにしてください。

 面接を受けてみれば、ブラック企業なのかどうかは大体わかります。面接の時間が非常に短い会社は気をつけましょう。また、面接の内容が形式的な会社も危険です。こうした会社はよほどの欠点がなければとりあえず採用しておき、ダメだったら解雇にする、あるいは辞められたら次の人材を補充するという考え方を持っていることが多い。立派な、と言ったらおかしな表現ですが、ブラック企業で間違いないでしょう。

身なりが普通ではないと感じる社員がいる

 面接官やその会社で働いている人の身なりが普通ではないと感じた場合も、ブラック企業を疑わなければなりません。ベンチャー企業やIT系など、比較的若い人が働いている会社ならまだわかるのですが、50代の方が入るような会社であることを考えると、面接官や従業員の身なりが普通でなければ、ブラック企業の可能性が高くなってしまうのです。

 非常にだらしない格好はもちろんですが、少し派手に感じたりブランド物をやたらと身に付けている場合には、より注意してから入社を決めなければ転職に失敗してしまうかもしれません。

提携企業・取引先企業が大手優良企業

 企業研究をした時、その会社と提携している(とされる)企業や、取引先(とされる)企業に有名企業の名が連ねてあったら、少し疑う必要が出てくるかもしれません。その会社そのものが無名企業であり、聞いたこともない会社なら尚更要注意。

 求人情報や企業のホームページに有名企業の名を記載しておくことで、応募者を増やしたり安心させようとしているのかもしれません。それにまんまと引っかかってしまえばあなたも単なる被害者となり、転職の失敗は確実なものとなってしまうでしょう。

 表面的なことにつられない、これがブラック企業への入社を回避する非常に重要なキーポイントとなります。

 - 情報収集

  関連記事

ハローワークの利用法について

ハローワークといえばカラ求人  ハローワークは役所なので地域の企業に対して、“求 …

転職エージェントに登録をしよう

転職エージェントのメリット  転職エージェントには「非公開系求人」が豊富にありま …

求人情報媒体について知る

転職サイトへはなるべくたくさん登録をしよう  ほとんどのサイトでは一度作成したW …