50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

面接や専門知識についての疑問について

   

面接で嘘を貫き通すことは可能?

 50代で長く転職活動を続けていると、自分に正直でいるのがつらくなることがあります。それは、何度応募しても書類選考が通過できなかったり、面接まで駒を進めても、不採用通知ばかりが届くときです。何としても転職を果たしたいという思いが募ったときに、思い余って面接で嘘をついてしまうひともいるかもしれません。では、内定するために、自分の専門スキルや経歴について嘘をついたとき、それを貫き通すことはできるのでしょうか。

 面接に携わる企業の採用担当者は、日常的に面接を行っています。応募書類と面接応対での不整合や、挙動不審な部分を少しでも感じれば、採用担当者は求職者に疑いを持ちますし、その時点で採用の目はなくなるはずです。

 また、よしんば面接で嘘を貫き通すことができたとしても、それで採用された結果、入社後にメッキがはがれたとき、あなたはその企業で働き続けることはできません。それは、経歴詐称といって、十分に解雇理由になるからです。自分を偽ることはいけないことですが、アピールする方法を変えることはできます。そうした視点で、転職活動全般を見直してみると、改善点が見えてくるはずです。

専門技術があれば転職は容易?

 業界や職種での専門知識に自信がある50代のひとが、自分の力をもってすれば転職は簡単にできるはずと、短絡的に会社を辞めてしまうケースも少なくありません。ですが、いまの日本では、専門技術がいくら突出していても、それだけで50代の求職者を採用するほど甘くはありません。

 なぜなら、企業が50代の求職者を求めるのは、採用という投資に対して成果をあげて回収できることが見込める場合だけで、個人ではなく、組織に働きかけて大きな実績をつくる能力が不可欠だからです。専門技術に加えて、マネジメントスキルや協調性、先見性など、企業のプラスになる要素がない50代だと判断されれば、転職は容易ではありません。

 自分の培った専門技術とノウハウを若手に教えながら、実績をあげていける人間性を、企業は50代に求めています。転職サイトなどで、年齢や職種別の転職市場価値を調べることができますので、まず自分にどれだけ市場価値があるのかを、冷静に振り返ってみることから始めてください。

 - 転職の疑問点

  関連記事

tg0010009739l[1]
転職回数が多いと転職は不利?

転職の回数は何回までなら許される?  転職回数が多い人は転職に不利と言われていま …

xf0635025662l[1]
転職に有利なことと不利なこと

転職に有利なこととは?  日本は不景気回復に向けて色々な取り組みが行われています …