50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

転職回数が多いと転職は不利?

   

転職の回数は何回までなら許される?

 転職回数が多い人は転職に不利と言われていますが、実際には転職回数の数は転職において特に問題ではありません。ましてや50代にもなれば転職回数が多いのも一般的です。そのため、何回までなら許されるといった基準はないのです。

 とはいえ、就職活動における面接では、転職回数が多い人はその理由をほぼ聞かれます。その理由をしっかりと答えることができれば、転職回数が何回になろうとも関係はないのです。とはいえ、転職回数ではなく在職期間が短いなどのマイナスな要因がある場合には、不利になることもあるでしょう。このように、転職回数は50代で転職をする人にとって、それほど大きな要因となることはないのです。
 
転職回数が多いと転職は難しいのか?

 転職回数が多いからといって、転職が難しくなることはありません。そもそも50代で転職を今までしたことがない人もいますが、5回以上している人も多いです。では何回からが多いと思われるのかというと、採用担当者5回以上していると多いと感じるようです。しかし、採用担当者が転職回数を気にするかといったら、ほとんどの方が気にしないようです。

 20代で転職回数が5回以上あったら、すぐに辞めてしまうのではと考えると思いますが、50代での転職ですので、そういった解釈はあまりしないのです。日本の企業の定年は60歳ですので、50代で転職となるとおそらく最後の転職となる可能性が高いです。そうなると、すぐに退職してしまうといった人は少ないと考えるのです。

 また、企業は50代に対しては即戦力となるような人材を募集しています。転職回数が多い少ないといった情報を気にするよりも、応募者の能力や経験がどれぐらいあるのかといった部分に興味があり、それを採用基準の中でも重要視しているのです。よって、転職回数が多いからといって就職が難しいといった考えを持つのはよくありません。

 もし実際に就職活動をしていて上手くいかない人は、転職回数以外に原因があると考えたほうが良いでしょう。何かしら採用されない要因が必ずあるのです。それを見つけて改善することで、転職を成功させることができるようになるでしょう。

 - 転職の疑問点

  関連記事

xf0635087527l[1]
面接や専門知識についての疑問について

面接で嘘を貫き通すことは可能?  50代で長く転職活動を続けていると、自分に正直 …

xf0635025662l[1]
転職に有利なことと不利なこと

転職に有利なこととは?  日本は不景気回復に向けて色々な取り組みが行われています …