50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

転職をする際に気を付けておきたいこと

   

転職する前の職場の悪口は絶対に言わないようにしよう!

 50代で転職するきっかけは人それぞれでしょうが、転職先を見つけるために応募した企業で、面接時に働いている会社の悪口を言うのは絶対にやめましょう。

 採用担当者には決して良い印象とはならずに、マイナスな印象を残してしまう可能性が高いからです。転職をする人は少なからず現状に満足していない、もしくは不満があるから行うのですが、それをそのまま応募理由として伝えてしまうのはよくありません。

 もしかしたら、待遇面で誰が聞いてもそれは働く環境が悪いと思うような内容だったとしても、採用担当者が知りたい情報ではありません。

 「物事をどのような視点で捉える人間なのか」採用担当者は、あなたの人間性を見ています。そのため退職理由がネガティブな内容の場合でも「前回の失敗や経験を活かして、この会社で成長した自分を活かしたい」など明るく前向きに物事を捉えられる人間であることをアピールするようにしましょう。

 同じ内容を伝えるとしても、言い方次第で印象はガラッと変えることができます。面接本番では、緊張して思うように話せなくなるという人がほとんどですので、面接時の質問に対する回答文は事前に準備して、何度か口に出して練習しておきましょう。事前に文章にして練習しておくことで、ネガティブな表現は防ぐことができます。

転職に失敗する可能性もあることを想定しておこう
 
 現在の状態に納得いかずに50代になって転職をする人もいるかと思います。少なからず今よりは良い環境、向上心を持って転職をするのですが、必ずしも転職によって成功するとは限りません。

 特に働く職場環境や条件などに不満を持って転職する人は、失敗する傾向があります。どんな会社で働いていたとしても、不満なく働いている人はほとんどいません。何かしらの不満はありながらも、多少の我慢をしながら働くのが一般的です。

 また、転職時は今まで働いていた際の役職や環境は全て変わりますので、たとえ50代でキャリアのある人でも、一新入社員としての気持ちで転職することが、成功する秘訣です。どんな人材であれ、転職したときは新入社員です。優秀な人であれば役職として入社する人もいますが、そうでない場合は、年下の上司とも仕事をしなくてはいけません。

 50代ともなると今まで部下がたくさんいたかと思いますが、そんな環境はまったく変わってしまうのです。こんなはずじゃなかったと転職して後悔してしまうことも少なくありません。転職時は、多少条件面が下がってしまうことも覚悟して、新たな気持ちで働くことが大切です。

 - 後悔しない転職をする

  関連記事

転職までに必要な期間

転職活動に時間をかけたくない理由とは?  50代の転職希望者になると、ほとんどの …

50代の転職希望者に必要な転職の計画

転職を思案しているなら・・・計画が重要  転職には「目的」と「計画」が重要です。 …

転職市場価値を知っておこう!

「転職市場価値」って何ですか?!  転職市場価値とは、今のあなたが転職に成功した …

af9920061463l[1]
大勢の人から助言をもらおう!

社内・社外の大勢の人から助言をもらおう  50代で転職したいと考えている人には、 …

no image
アピールポイントの探し方

資格を取るよりもこれまでやってきた仕事を振り返ってみよう    50代で転職する …