50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

転職に有利なことと不利なこと

   

転職に有利なこととは?

 日本は不景気回復に向けて色々な取り組みが行われていますが、まだまだ不景気な世の中です。そのため、50代での転職は相当難しいです。ただ、だからといって50代が就職できないわけではなく、なかには50代だからこそ就職できたといった職業もあるのです。

 例えば、これまで働いていた企業のライバル関係にある企業へと就職することです。50代ともなればたくさんの知識と経験を持っていますので、そのスキルをライバル社としては欲しいと願います。若い人よりもスキルは高く、かつそれを多くのスタッフに伝えることができるのです。

 また、募集人材が管理者などの場合には、若者よりも中高年の方が圧倒的に有利です。そういった場合には年齢を○○歳以上と限定している場合もありますが、仮に限定されていなかったとしても、ある程度年齢のいった方を採用するために、有利となるのです。他にも業種を限定すると、例えば女子高などの教員やその他業務の仕事をする場合には、若い男性よりも50代の男性の方が問題が起きる可能性も低いことから、採用されやすくなっているのです。

転職に不利なこととは?

 50代での転職は、若い人に比べて不利になります。若い人はこれから仕事を覚えていくことを前提として会社が採用しますので、能力などがなくても就職できる確率が高いのです。それに比べて50代の人はある程度即戦力として期待されますので、全く経験のない業種への就職は厳しいです。

 そのため、50代が転職活動において応募できる求人は、限られているのです。また、給与の面においても50代は不利です。給料がいくら下がっても問題ないという人は別ですが、転職ともなるとある程度の給与はもらわないと困ってしまいます。しかし、企業としては高い給与を払って雇うよりも、安い給与で若い人を雇った方がお得と考えるため、採用されにくいのです。

 もちろん給与に見合った能力がある人は別ですが、それで転職先で新たに仕事をするには、ある程度慣れるまでの時間がかかりますし、成果が必ず出るとは限りません。さらに50代ともなると人格がある程度できていますので、職場のスタッフとの関係性を上手くやっているかと、不安に思われることもあるのです。

 - 転職の疑問点

  関連記事

tg0010009739l[1]
転職回数が多いと転職は不利?

転職の回数は何回までなら許される?  転職回数が多い人は転職に不利と言われていま …

xf0635087527l[1]
面接や専門知識についての疑問について

面接で嘘を貫き通すことは可能?  50代で長く転職活動を続けていると、自分に正直 …