50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

ネガティブな気持ちを切り替えよう!

   

ネガティブな気持ちを切り替えよう

 2014年に入り、中高年の転職市場が活況だとはいえ、50代のすべての求職者が、その恩恵に預かれるわけではありません。在職中であれ、退職後であれ、50代で転職活動が長く続けば、どうしても思考がネガティブに傾きがちです。

 何度応募しても書類選考が通過しないことも、自分より若い採用担当者に圧迫面接を受けることも、感触がよいと思っていたのに不採用通知が届くことも、積み重なれば心に大きなダメージを残してしまいます。まさに50代の転職活動では、メンタルケアが何よりも大切になります。

 採用も縁と割り切って、ネガティブな気持ちを切り替える努力をしなければ、長期にわたる転職活動を乗り切れません。まず、自分の転職市場での価値を知り、そのうえで転職スケジュールをたて、内定までに何社に応募すべきなのかも把握したうえで、転職活動を始めましょう。

 また、自分が予想していたより、書類選考通過率が悪かったり、面接後の内定率が低いときには、どこかに原因があると考え、応募書類を読み返したり、面接応対の悪かった点を振り返ることが大切です。企業のニーズに立って話ができたかどうかも含めて、一つひとつの応募をしっかり次のステップにするように心がけましょう。

ネガティブになると転職が成功しにくい理由とは?

 ひとはネガティブ思考になると、それが行動に表れます。ことに、50代の転職活動では、その傾向が顕著です。頭では転職活動を進めなければと考えていても、「またダメに決まっている」というネガティブ思考に引っ張られてしまうことで、求人の選択が甘くなったり、企業研究と自己分析を重ねて対策をたてることが億劫になったり、応募書類を作成する気力がわかないという事態に陥ってしまうのです。

 最初から自分はダメだと思い込んでいるひとの応募書類や面接応対には、その企業で働きたいという熱意を感じることなどできませんし、魅力的な人材とも思われません。出た結果は結果として、それをプラスに転じるようにメンタルのコントロールができてこそ、企業が欲しがる50代になれるのです。自分のつらい経験を、いかに組織運営に活かせるかという観点で考え直してみてください。明日への活力がみなぎってくるかもしれませんよ。

 - 転職活動のメンタルケア

  関連記事

no image
前向きに転職活動に取り組もう!

前向きに転職活動に取り組む方法  転職を後ろ向きな気持ちで行ってはいけない、これ …

no image
転職活動で鬱にならないために

転職活動で鬱になる可能性がある?  職場環境などが原因で鬱になり転職、という人は …