50代転職レポート|抑えておくべき情報最新版

*

アピールポイントの探し方

   

資格を取るよりもこれまでやってきた仕事を振り返ってみよう
 
 50代で転職するのは厳しい、そう思っている人がほとんどではないでしょうか。確かに日本の現状では、50代の転職者は難しい状況となっています。そのため、50代で転職するために、新たに資格を取って転職活動を有利に進めようと思う人もいます。しかし、この行為は転職活動に必ずしも有利になるとは言えません。

 取得する資格にもよりますが、転職活動のために取れるような資格程度では、正直企業としては求めていません。国家資格で取得が困難な場合、さらに資格保持者が少なく、その資格を持っている人を採用したいと思っている企業でないと、意味がないのです。

  これから資格を取ってアピールしたとしても、実務経験などがないと即戦力とはなりません。そのため、企業は資格を持っていることよりも、実務経験や能力などがあることの方が大事なのです。転職先となる企業へ能力などをアピールできるように、これまでの仕事をまず振り返ってみることが大切なのです。

そこからアピールポイントを探しだそう
 
 これまでに培ってきた経験や能力を最大限に伝えるためにはどうしたら良いでしょうか?まずは、これまでの数十年間のあなた自身のスキルと経験を振り返って整理する必要があります。

 どんな仕事をしてどんなスキルが身に付いたか、どんな経験をしてきたのか、どんな成果を出してきたのかなど、全て振り返れば数え切れないほどの仕事をしてきたと思います。それらを振り返ってみることで、自分にどんな能力や経験があるのかを見つけることができます。

 こうした自分のアピールポイントを探すことが、転職にはとても大事となってきます。企業は50代の転職者に求めるのは、能力や経験を活かして即戦力となることです。当たり前ですが、50代の転職者に対して一から仕事を教えることはしません。もしそんなことをするなら賃金の安い若い人を採用すると思います。企業は50代に高いスキルを求めています。

 そういった内容を面接や応募書類などでアピールできないと、転職はできません。よって、転職するために自分の良さを把握することから始めましょう。そこから自分のスキルに見合った企業を見つけるのが、成功への道となっています。

 - 後悔しない転職をする

  関連記事

50代の転職希望者に必要な転職の計画

転職を思案しているなら・・・計画が重要  転職には「目的」と「計画」が重要です。 …

no image
転職をする際に気を付けておきたいこと

転職する前の職場の悪口は絶対に言わないようにしよう!  50代で転職するきっかけ …

af9920061463l[1]
大勢の人から助言をもらおう!

社内・社外の大勢の人から助言をもらおう  50代で転職したいと考えている人には、 …

転職市場価値を知っておこう!

「転職市場価値」って何ですか?!  転職市場価値とは、今のあなたが転職に成功した …

転職までに必要な期間

転職活動に時間をかけたくない理由とは?  50代の転職希望者になると、ほとんどの …